2012年03月18日

リカバリDVDの自作

リカバリDVDを持っていると、OSのトラブルなど、パソコンの故障の際に何かと役に立ちます。


リカバリDVD(CD)はメーカー製のパソコンなら、購入の際に付いてくることも多いですが、そうでないケースもありますので、その際はリカバリDVDを自作してしまいましょう。


リカバリDVDは、「B's Recorder」「Norton Ghost」などのソフトを使って簡単に作ることができます。メーカー製パソコン付属のリカバリDVDを使った場合、購入時と同じ状態に戻ってしまいますが、自作のリカバリDVDなら、リカバリDVD作成時の状態に戻すことになるので、購入後に入れたソフトやその後の設定までが再現できます。


とはいえ、当然リカバリDVD作成後の変更は反映されないので、リカバリDVDはできればこまめに作成しておくといいでしょう。


リカバリDVDの作成例は、こちらのサイトが参考になります。


B's Recorder によるリカバリーCD/DVDの作成

http://www.salty1.com/backnumber/1192/1192.html
posted by HDD at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

リカバリDVD(CD)とは

リカバリDVD(CD)とは、リカバリ(OSの再インストール)に使うDVD(CD)のことです。リカバリDVD(CD)を使えば、いつでもパソコンを買ったときの状態に戻すことが可能です。


リカバリDVD(CD)は、基本的にはメーカー製のパソコンに付いてくるものです。しかし近年では、リカバリDVD(CD)の機能を内蔵ハードディスクの「リカバリ領域」に代替させているパソコンも多く、リカバリDVDが付いてこないケースも見られます。あるいはリカバリDVD(CD)が付いてきても、なくしてしまったりすることも……。


リカバリ領域があるならリカバリDVD(CD)がなくてもいいのでしょうが、リカバリ領域が何らかの拍子で壊れてしまうことも珍しいことではありません。そうなると、最悪OSを買わなくてはならなくなります。ですから、リカバリDVD(CD)は大切に取っておきましょう。


もしリカバリDVD(CD)がない場合は、自分で作ることもできます。パソコンが壊れる前にリカバリDVD(CD)を確保しておくことをオススメします。
posted by HDD at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

データ復旧サービスの利用

データ復旧サービスは、文字通り、壊れてしまって読み書きができなくなったメディアから、大切なデータを復旧してくれるサービスです。


データ復旧サービスでは、業者によって取り扱うメディアは若干違いますが、パソコンのハードディスクなら、まず間違いなく取り扱ってくれるでしょう。


データ復旧サービスを利用する際は、まずは業者に使用環境と症状を説明します。その後、データ復旧サービス業者の指示に従って、メディアを業者に送付し、初期診断。この時点までの料金は無料としているところも多く見られます。初期診断で何とかなりそうだと判断されたら、本格的に修復作業に入っていきます。


データ復旧サービスに依頼したからといって、100パーセントの確率でデータ復旧がなされるわけではありませんが、それでもかなりの確率でデータ復旧が実現できるようです。中には以下のような業者も。困ったときは相談してみる価値はあると思います。


データ復旧率91%(日本データテクノロジー)

http://www.ino-inc.com/?gclid=COnYqdmduZACFRscawodJ3r8Kg
posted by HDD at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。