2013年05月09日

物理障害・論理障害

「物理障害」「論理障害」とは、ハードディスクドライブなどのメディアのデータ障害を大別した言い方です。


物理障害は、メディアが物理的に壊れてしまった状態。具体的には基盤の不良やベアリングの焼き付き、不良セクタ、ヘッドクラッシュなどが物理障害に分類されます。


論理障害は、機器自体の損傷ではなく、中身の問題。わかりやすい例でいうと、ウイルスなどが原因でOSのシステムファイルが壊れてOSが起動しなくなったり、ドライブの中身を読み書きできなくなったりした状態です。


物理障害も論理障害も、一言で言ってしまえば「故障」というわけですが、物理障害と論理障害では、当然対処の仕方も変わってきます。ただし対処の仕方がわからない人がやみくもに触ることで、逆に状態が悪化することもありますので、対処の仕方に自信がない人は、まずは経験者もしくはデータ復旧業者などに相談するといいでしょう。
posted by HDD at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。