2013年04月18日

HDDの故障の症状と簡単な対処法

HDD(ハードディスクドライブ)は年間を通じて使ううちに、「変な音がする」「音がうるさい」「ときどき認識しなくなる」「暑いと止まる」「システムが立ち上がらない」など、故障を思わせるさまざまな症状が現れてきます。しかし、HDDがたとえ壊れてしまっても、せめてデータだけは取り出したいものですね。


HDDは論理障害や軽い物理障害なら、ちょっと手を加えるだけでまた使えるようになることも珍しくありません。故障と思われる症状が出た際は、素早く処置してバックアップを取り、HDDの交換も視野に入れるといいでしょう。症状が出たHDDがシステムドライブの場合は、可能ならその時点でのリカバリDVD(CD)も作っておくと、復旧作業がラクになります。


故障と思われる症状が出た際の、誰でもできる対処法の例としては、


・再起動する(基本)。

・シャットダウンしてしばらく休ませ、再度起動してみる。

・電源ケーブルを抜き、HDDを接続し直す。

・HDDとマザーボードを接続しているケーブルを接続し直す。

・HDDに刺さっている電源コネクタをほかのものに変えてみる。

・HDDがリムーバブルケースに入っている場合は、ケースから出して直付けしてみる。


上記のような措置によって再びHDDが使えるようになることもしばしば。とはいえ、待ったなしでいきなりHDDが壊れることもあり得ますから、普段からデータのバックアップだけはしっかり取っておきましょう。
posted by HDD at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。