2012年03月24日

ハードディスクの復旧の流れの概要

PC修理の中でも一番重要なのが、データの復旧でしょう。PCのハードに関しては、壊れてしまってもお金さえ出せば代わりのものが買えますが、データだけは一度失ってしまったら、いくらお金を出しても戻ってこないからです。


ハードディスクのデータの復旧の流れにおいては、多くの場合、まず自分で何とかしようと試みることと思います。データ障害の中でも「論理障害」の場合は、ある程度のスキルがある人であれば、自力で何とかなるケースも多いようです。


ところが、物理障害の際の復旧の流れでは、途中で個人の手に負えないことがわかることも少なくありません。また初心者の場合は、下手に自分で復旧作業をしないほうがいいこともあります。このようなケースで、かつどうしても取り出したいデータがある場合は、その後の復旧の流れにおいては、データ復旧サービス業者の手を借りることになります。


データ復旧サービス業者によるハードディスクの具体的な復旧の流れは、まずはメールもしくは電話による状態説明から始まります。その後、業者の指示に従い、必要に応じてハードディスクを業者に送ることになります。もちろん、それ以降の復旧の流れにおいて、途中で「復旧はムリ」と判断された場合、そこで復旧は中断されます。また、逆にユーザーのほうからキャンセルを申し出ることも、初期診断のあたりまででしたら、概ね可能です。
posted by HDD at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。