2012年02月21日

データ復旧方法

データ復旧方法とは、どのようなものでしょうか。


データ復旧においては、まずは検査ツールによる障害の判定から始まります。データ復旧できるかどうかは、ハードディスクの障害の程度の見極めにかかっているのです。


しかし、HDDが認識されない場合、検査ツールは使えません。そのときは、別のPCでセカンドドライブとして認識できるかどうか試してみるのもいいでしょう。


次にBIOSによる判定をしてみます。BIOSについてよく理解している人は、この方法でHDDが認識されているかどうかがチェックできます。ここでHDDが認識されなければ、物理的な障害である可能性が濃厚です。


データ復旧において使うソフトの例としては、以下のようなものがあります。


・ファイサルページ

・DataSalvager

・Ontrack EasyRecovery DataRecovery

・OnBelay

・Super ファイル復活 3

・Dr.Recovery


など。


「データを見てみようにも、パソコン自体が動かない」といった場合、自分でどうにもできない方は、専門分野の友人に見てもらいましょう。それも不可能なら、データ復旧の専門会社に連絡して助けてもらいましょう。
posted by HDD at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。