2012年01月24日

HDDのレスキュー

HDD(Hard disk drive)のレスキューとは、突然のトラブルでHDDに何らかの障害が起きたとき、中のデータを復旧したり、あるいは修理などをすることをさします。


HDDのレスキューが必要となるのは、どういった場合でしょうか。例えば、「起動したらHDDから変な音が聞こえてくる」「落雷のための停電でPCが切れてしまい、その後起動しなくなった」」「つけっぱなしにしたら、いつのまにかフリーズしてしまっていた」等、他にもいろいろとあります。


PCに詳しい人なら、何らかのトラブルも解決していくことができるでしょう。しかし対処できない場合は、レスキューをPCトラブル専門業者に頼むのがよいです。大切なデータをHDD内に保存しているのならなおさらです。


HDDのレスキューを専門としている業者はいくつかありますが、結構割高なところもあります。必ず見積もりを出してもらい、検討してからにしましょう。とはいえ、PCのトラブルはいつ起こるかわかりませんし、起きたときは一刻も早くと思うので、費用云々を気にしていられない場合もあるようです。


HDDにデータを保存する場合、できれば重要なデータはメモリーなどの別のメディアに保存することをおすすめします。さらに、別のバックアップ用を作っておくと、いざというときに非常に助かります。
posted by HDD at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。