2011年06月12日

HDDの故障の症状の例

HDDは、ほかのメディアに比べると丈夫そうに見えますが、実際は消耗品。HDDが読み書きできないという症状が出たら、さすがに誰でも故障だとわかりますが、それ以外にも故障のシグナルとしての症状はいくつかあります。


HDDのよくある症状の例としては、


・パソコンの電源は入るが、HDDの電源だけは入らない。

・HDDが認識されない。

・音がうるさい、もしくは変な音がする。

・HDDが異常に熱をもつ。

・突然システムが止まる。


HDDは予告なく壊れてしまうこともあります。さすがにHDDに電源が入らないケースは本当の故障かもしれませんが、それ以外のケースでは、故障の予兆、もしくは故障の可能性を知らせてくれる症状が事前に出るだけでもありがたいと思わなければならないのかもしれませんね。こうした症状が出て、かつ自分の手に負えず、どうしても早急に復旧したいデータがある場合は、データ復旧サービスに依頼するといいでしょう。
posted by HDD at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。