2010年12月21日

データ損失を防ぐ方法――データ障害が起きてから

データ損失を防ぐ方法の基本は普段からバックアップを取っておくことですが、バックアップを取る前にメディアがデータ障害を起こしてしまうこともあるでしょう。


メディアがデータ障害を起こした場合、多くの人は慌てて「データが壊れてしまった」と考えるかもしれません。しかし、データ障害の場合、単にデータが読み書きできなくなっただけで、そのデータ自体はサルベージ(復旧)することができることも多いのです。ですから、ここで慌てず、しかるべき措置を取ることも、重要なデータ損失を防ぐ方法です。


データ障害後のデータ損失を防ぐ方法としては、まずは「自分の手に負えるか」を考えることから始まります。データ障害の場合、メディアの扱い方をよく知らない人がヘタに触ることで本当にデータが失われてしまうこともありますから、データ損失を防ぐ方法に関してよくわからない人は、データ損失を防ぐ方法を熟知している人、もしくは業者に相談したほうがいいでしょう。


データ損失を防ぐ方法、最終手段はデータ復旧サービスに頼むことです。お値段は決して安くはありませんが、どうしてもデータを復活させたい場合は利用するといいでしょう。
posted by HDD at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。