2013年04月29日

リカバリ業者の探し方・選び方――企業の場合

リカバリ業者の需要は、パソコンの普及に比例して増えています。この世に壊れないものなどありませんから、リカバリ業者もパソコンがある限り重宝されることでしょう。


ところでリカバリ業者の探し方や選び方ですが、結構迷ってしまいませんか? リカバリ業者はネットで探すことが多いでしょうが、検索エンジンで検索すると、リカバリ業者がたくさんヒットして、どういう選び方をしたらいいのか迷ってしまいますね。そこで多くの人は、価格や納期、データ復旧率などに着目した選び方をするでしょう。


個人のパソコンならこうした選び方でもいいかもしれませんが、仕事で使っているHDDの場合、事情はまた変わってきます。というのは、企業や内容によっては「情報漏えい」を避けたいということ。大切なデータが外に漏れてしまっては大変です。その場合は、値段や復旧率や納期以外に、機密保持契約書(NDA)を締結でき、かつ「ISO27001」「JIS15001(プライバシーマーク)」といった情報セキュリティにおいて信用できるリカバリ業者であるかということも、選び方のポイントにするといいでしょう。
posted by HDD at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

リカバリ業者の選び方

リカバリ業者は、パソコンの普及に伴ってどんどん増えてきました。しかしこの業界に限ったことではありませんが、リカバリ業者も数が多い分、悪質な業者や能力のない業者が増えていることも否定できません。しかし大切なパソコンのことですから、リカバリ業者を選ぶ際は慎重に選んだほうがいいのは言うまでもありません。


リカバリ業者の選び方の目安としては、主に以下のような点に着目するといいと思います。


・信用と実績のあるリカバリ業者か

・復旧にかかる費用

・納期はどのくらいか

・初期診断は無料か

・対応は親切でわかりやすいか

・途中でキャンセルできるか

・費用は成功報酬か


リカバリ業者の選び方、着目する点はほかにもいくつかあるかとは思いますが、やはり「安く確実に直したい」という思いは誰もが同じでしょうから、選び方はだいたいこんなところでしょう。特に成功報酬であることはリカバリ業者の選び方においては重要な点。誰だって直らないのに費用だけ払いたくはありませんよね。
posted by HDD at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

HDDの故障の症状の例

HDDは、ほかのメディアに比べると丈夫そうに見えますが、実際は消耗品。HDDが読み書きできないという症状が出たら、さすがに誰でも故障だとわかりますが、それ以外にも故障のシグナルとしての症状はいくつかあります。


HDDのよくある症状の例としては、


・パソコンの電源は入るが、HDDの電源だけは入らない。

・HDDが認識されない。

・音がうるさい、もしくは変な音がする。

・HDDが異常に熱をもつ。

・突然システムが止まる。


HDDは予告なく壊れてしまうこともあります。さすがにHDDに電源が入らないケースは本当の故障かもしれませんが、それ以外のケースでは、故障の予兆、もしくは故障の可能性を知らせてくれる症状が事前に出るだけでもありがたいと思わなければならないのかもしれませんね。こうした症状が出て、かつ自分の手に負えず、どうしても早急に復旧したいデータがある場合は、データ復旧サービスに依頼するといいでしょう。
posted by HDD at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。