2012年03月27日

データ復旧サービスにおける復旧の流れ

PC修理の中でも特殊な部類に入るのが、ハードディスクのデータ復旧の流れです。


パソコンの故障の場合は、特にメーカー製パソコンの場合、まずは小売店もしくはメーカーに相談するのが一般的ですが、データ復旧に関しては、データ復旧サービスに依頼するほうが確実でしょう。


データ復旧サービスによるデータ復旧の流れとしては、一般的には以下の手続きを取るようです。


(1)ユーザーによる、メールまたは電話による業者への症状の説明。

(2)業者によるデータ復旧の流れの説明と、それにかかる費用および日数についての概要の説明。

(3)ユーザーがハードディスクを業者に送った後、初期診断。その後、データ復旧の流れと費用、日数を本格的に割り出す。

(4)症状に応じたデータ復旧作業。

(5)復旧データの返却。


以上が大まかなデータ復旧の流れです。もちろん(2)(3)あたりでキャンセルすることも可能です。
posted by HDD at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

ハードディスクの復旧の流れの概要

PC修理の中でも一番重要なのが、データの復旧でしょう。PCのハードに関しては、壊れてしまってもお金さえ出せば代わりのものが買えますが、データだけは一度失ってしまったら、いくらお金を出しても戻ってこないからです。


ハードディスクのデータの復旧の流れにおいては、多くの場合、まず自分で何とかしようと試みることと思います。データ障害の中でも「論理障害」の場合は、ある程度のスキルがある人であれば、自力で何とかなるケースも多いようです。


ところが、物理障害の際の復旧の流れでは、途中で個人の手に負えないことがわかることも少なくありません。また初心者の場合は、下手に自分で復旧作業をしないほうがいいこともあります。このようなケースで、かつどうしても取り出したいデータがある場合は、その後の復旧の流れにおいては、データ復旧サービス業者の手を借りることになります。


データ復旧サービス業者によるハードディスクの具体的な復旧の流れは、まずはメールもしくは電話による状態説明から始まります。その後、業者の指示に従い、必要に応じてハードディスクを業者に送ることになります。もちろん、それ以降の復旧の流れにおいて、途中で「復旧はムリ」と判断された場合、そこで復旧は中断されます。また、逆にユーザーのほうからキャンセルを申し出ることも、初期診断のあたりまででしたら、概ね可能です。
posted by HDD at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

リカバリDVDの自作

リカバリDVDを持っていると、OSのトラブルなど、パソコンの故障の際に何かと役に立ちます。


リカバリDVD(CD)はメーカー製のパソコンなら、購入の際に付いてくることも多いですが、そうでないケースもありますので、その際はリカバリDVDを自作してしまいましょう。


リカバリDVDは、「B's Recorder」「Norton Ghost」などのソフトを使って簡単に作ることができます。メーカー製パソコン付属のリカバリDVDを使った場合、購入時と同じ状態に戻ってしまいますが、自作のリカバリDVDなら、リカバリDVD作成時の状態に戻すことになるので、購入後に入れたソフトやその後の設定までが再現できます。


とはいえ、当然リカバリDVD作成後の変更は反映されないので、リカバリDVDはできればこまめに作成しておくといいでしょう。


リカバリDVDの作成例は、こちらのサイトが参考になります。


B's Recorder によるリカバリーCD/DVDの作成

http://www.salty1.com/backnumber/1192/1192.html
posted by HDD at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。