2011年12月18日

対象媒体・OSと復旧作業

対象媒体(メディア)や対象OSのことをよく知っておくことは、データ復旧の上で最も重要なことだと言えるでしょう。


復旧の対象媒体に関しては、リムーバブルディスクのような、「使い捨て感」のあるものならまだしも、ハードディスクのような、大容量かつ比較的高価な対象媒体の場合、持ち主としては「何としても復旧させたい」という気持ちが特に強いものでしょう。しかし、こうした対象媒体は、データ障害の際にヘタにいじると、かえって復旧の道が閉ざされてしまうこともあります。ある程度復旧させる自信がある場合を除いては、データ復旧業者に委ねるほうが確実でしょう。


復旧の対象媒体が論理障害を起こした場合は、復旧の対象となるOSのことを知っていると、自分で対処することができるケースも多いものです。そもそも論理障害の場合、媒体自体は無事で再利用が可能なのですから、データの復旧を考えなければ、一番簡単なのは、OSを再インストールする(もしくはリカバリする)ことです。仮にシステムドライブからデータを取り出したいとしても、単にOSの破損の場合なら、データを吸い出すことは簡単です。


とはいえ、自分の手に追えない論理障害もあるでしょう。その際はデータ復旧業者に頼むことになりますが、事前にどのOSを使っているか、業者にしっかり伝えておく必要があります。
posted by HDD at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。