2011年12月18日

対象媒体・OSと復旧作業

対象媒体(メディア)や対象OSのことをよく知っておくことは、データ復旧の上で最も重要なことだと言えるでしょう。


復旧の対象媒体に関しては、リムーバブルディスクのような、「使い捨て感」のあるものならまだしも、ハードディスクのような、大容量かつ比較的高価な対象媒体の場合、持ち主としては「何としても復旧させたい」という気持ちが特に強いものでしょう。しかし、こうした対象媒体は、データ障害の際にヘタにいじると、かえって復旧の道が閉ざされてしまうこともあります。ある程度復旧させる自信がある場合を除いては、データ復旧業者に委ねるほうが確実でしょう。


復旧の対象媒体が論理障害を起こした場合は、復旧の対象となるOSのことを知っていると、自分で対処することができるケースも多いものです。そもそも論理障害の場合、媒体自体は無事で再利用が可能なのですから、データの復旧を考えなければ、一番簡単なのは、OSを再インストールする(もしくはリカバリする)ことです。仮にシステムドライブからデータを取り出したいとしても、単にOSの破損の場合なら、データを吸い出すことは簡単です。


とはいえ、自分の手に追えない論理障害もあるでしょう。その際はデータ復旧業者に頼むことになりますが、事前にどのOSを使っているか、業者にしっかり伝えておく必要があります。
posted by HDD at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

データ復旧の対象媒体・OS

復旧作業におけるポイントとして、対象となる媒体(メディア)とOSがあります。


データ復旧の対象となる媒体に関しては、「ハードディスク」「リムーバブルディスク」「フラッシュメモリ」などがありますが、データ復旧を自分でするにせよ復旧業者に頼むにせよ、対象媒体によって対処の仕方は当然違ってきます。特に復旧業者に依頼する際は、その業者が、データ復旧の対象となる媒体を取り扱っているかを事前に確認する必要があるでしょう。特にRAIDの場合は信頼できる業者に頼むことが重要です。


復旧の対象となるOSも重要なポイントです。現在では、さすがにWindowsを扱っていない業者はないでしょうが、それ以外のOSの場合は、業者がそのOSを対象OSとしているかどうかも、念のため確認しておいたほうがいいでしょう。
posted by HDD at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

物理障害と論理障害の対処の仕方

物理障害と論理障害は、同じメディアの故障ながら、対処の仕方は違います。


物理障害は、文字通り物理的な故障なので、どうしても取り出したいデータがある場合は、メーカーもしくはデータ復旧業者に任せるほうが無難でしょう。物理障害に際して素人が自力で分解したりするのは危険です。


論理障害の場合は、物理障害とは違い、機器が壊れているわけではないので、そのメディアのパーティションの削除もしくはフォーマットをすれば、メディア自体は問題なく使うことができます。ただ、これは論理障害の最終的な手段であって、普通はそうする前にデータを復旧したいところでしょうから、この場合もしかるべき措置を取る必要があります。単にOSのトラブルであれば、ほかのパソコンもしくはOSでそのメディアからデータを吸い出したりすることも可能ですが、そうでない場合は物理障害同様、データ復旧業者などに委託するのが無難です。


物理障害も論理障害も、肝心なのは、普段からデータのバックアップを取っておくこと。データをあきらめることができさえすれば、物理障害も論理障害も、案外簡単に解決するのですから。
posted by HDD at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。