2011年07月09日

物理障害と論理障害の対処の仕方

物理障害と論理障害は、同じメディアの故障ながら、対処の仕方は違います。


物理障害は、文字通り物理的な故障なので、どうしても取り出したいデータがある場合は、メーカーもしくはデータ復旧業者に任せるほうが無難でしょう。物理障害に際して素人が自力で分解したりするのは危険です。


論理障害の場合は、物理障害とは違い、機器が壊れているわけではないので、そのメディアのパーティションの削除もしくはフォーマットをすれば、メディア自体は問題なく使うことができます。ただ、これは論理障害の最終的な手段であって、普通はそうする前にデータを復旧したいところでしょうから、この場合もしかるべき措置を取る必要があります。単にOSのトラブルであれば、ほかのパソコンもしくはOSでそのメディアからデータを吸い出したりすることも可能ですが、そうでない場合は物理障害同様、データ復旧業者などに委託するのが無難です。


物理障害も論理障害も、肝心なのは、普段からデータのバックアップを取っておくこと。データをあきらめることができさえすれば、物理障害も論理障害も、案外簡単に解決するのですから。
posted by HDD at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。