2011年04月29日

データ復旧サービスの利用

データ復旧サービスは、文字通り、壊れてしまって読み書きができなくなったメディアから、大切なデータを復旧してくれるサービスです。


データ復旧サービスでは、業者によって取り扱うメディアは若干違いますが、パソコンのハードディスクなら、まず間違いなく取り扱ってくれるでしょう。


データ復旧サービスを利用する際は、まずは業者に使用環境と症状を説明します。その後、データ復旧サービス業者の指示に従って、メディアを業者に送付し、初期診断。この時点までの料金は無料としているところも多く見られます。初期診断で何とかなりそうだと判断されたら、本格的に修復作業に入っていきます。


データ復旧サービスに依頼したからといって、100パーセントの確率でデータ復旧がなされるわけではありませんが、それでもかなりの確率でデータ復旧が実現できるようです。中には以下のような業者も。困ったときは相談してみる価値はあると思います。


データ復旧率91%(日本データテクノロジー)

http://www.ino-inc.com/?gclid=COnYqdmduZACFRscawodJ3r8Kg
posted by HDD at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

データ復旧サービス

データ復旧サービスは、データ障害(いわゆる故障)によって読み書きできなくなったメディアに記録されているデータを復旧させるサービスです。


データ復旧サービスが登場するまでは、バックアップを取っていない場合、データ障害が起きたら泣き寝入りしなければならないケースも多かったものです。しかし、データ復旧サービスによって、データ復旧事情はかなりよくなり、メーカーでは手に負えないケースでも、何とかなることも珍しくなくなりました。


データ復旧サービスにおいては、お馴染みのパソコンのハードディスクはもちろん、業者によっては携帯電話やフラッシュメモリ、MO、CD-R、DVD、iPod、MP3プレーヤーなどのデータまでが復旧できます。また、プライバシーに関しては、「財団法人日本情報処理開発協会」による「プライバシーマーク(Pマーク)」のような、信頼性が一目でわかる目印のあるデータ復旧サービス業者に頼むと安心です。
posted by HDD at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

データ障害への備え

データ障害は、データの読み書きが不可能になるメディアの故障の総称です。


データ障害は多くの場合、初心者が自分で修理することは困難です。データ障害の性質や度合いによっては、修復が可能ですが、その場合も、面倒な手続きや長い待ち時間、高額な修理費などが生じるケースも多いものです。


データ障害のうちで最悪なものは、やはりデータが壊れてしまうことでしょう。メディアや端末は修理ができなければ買い替えることもできますが、大切なデータは、一度壊れてしまったら、いくらお金を払っても戻ってくることはありません。


データ障害の最悪の事態を未然に防ぐには、やはりデータのバックアップが一番。大切なデータはこまめにバックアップを取り、データ障害の際も慌てないようにしたいものですね。
posted by HDD at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
優良の出会いなどなら | 出会い紹介 | 携帯チャット | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。